筆でなでると鮮やかに色が伸び、乾くと耐水性になるダーウェントの水彩色鉛筆。
この度、イギリス生まれのこの水彩色鉛筆のデモンストレーションをさせていただくことになりました。
場所は、銀座・伊東屋 K.Itoya 4階です。

 

一旦乾くと耐水性になるという特徴を生かし、紙はもちろんのこと、
当日は気軽に持ち歩ける布バッグにも絵を描きます。
インクテンスを使って描いているところを実際にご覧いただける機会です。
ぜひお立ち寄りくださいませ。

 

 

1832年、ダーウェント湖のほとりにダーウェントの鉛筆工場が作られました。
ほんの小さな鉛筆製造所から始まり、
1930年に最初の色鉛筆が完成してから現在まで、
イギリスを代表する鉛筆メーカーとして数々の色鉛筆を作ってきました。

 

やさしいタッチが印象的な絵本「スノーマン」のイラストも、
ダーウェント色鉛筆で描かれています。

 

ソフト芯で、クレヨンのような描き心地が、
特徴の水彩色鉛筆は水に溶かすと半透明になり、
カラーインクのような透明で鮮やかな発色を見せてくれます。

 

また一度乾くと耐水性になり、
他の色を重ねても下の色が溶け出す事がなく、
美しい発色のまま重ね塗りができるのも大きな特徴です。

 

ダーウェント  水彩色鉛筆 インクテンス ペンシル デモンストレーション開催
開催日:5月6日(土)
時間:11:00~18:00 詳細はこちら
   一時不在の場合もございます。何卒ご了承くださいませ。

Written by mariko