庭師は、庭師になって(厳密には庭師をこころざしてから)はじめて気がついたことがあります。

というか、ほとんど気がついたことばかりです。

まずは、長靴を履いているときの安心した気分を知りました。

大雨のあとのぬかるんだ濃い土のうえを、鏡のように空を映す水たまりのなかを、生い茂った草むらを、歩いていくことができるのは、長靴を履いているからなんです。

彼は長靴に本当に感謝しています。

それから、エプロン。

いつの間にやら、エプロンには多くのしみがついています。また、小さな裂け目ができていることもあります。

エプロンをしていると、そのしたに着ている服のことはほとんど忘れてしまいます。

来る日も来る日も同じエプロンをしていると、ほんの、ほんのすこしずつですけれど、毎日じぶんがなにかを世界にむかって働きかけている、というふうに感じ、その気持ちがじぶんを支えてくれることを知りました。

繰り返してきたきたほんのすこしずつの働きが、ある日突然、ほとんどまったくゼロになってしまうことに直面しても、エプロンについている数々の、洗っても取れないしみの折りかさなりやにじみが、そのゼロはこの前のゼロと同じではないと教えます。

あたらしいゼロに出くわすことができたのは、日々のわずかな歩みなくしてはなかったことなのだし、そしてまた、ゼロはまったく色のない無であるということではないんです。しみが洗っても取れないのとおなじです。

彼はまた種を植えたり、土に肥料をくわえて耕したりするでしょうし、そして安心して地面に座って空を眺めることもあるでしょう。

ぜんぜん平気なのです。しみは汚れのことではありません。


Written by mariko