アーカイヴくん25

 

大みそか、あと6時間くらいで今年も終わってしまうという時刻、お花屋さんをのぞくとかわいらしいピンク色のチューリップが並んでいた。

一本買いますと言ったら、小さな声で「これで一本分ね」と言って二本を包んでくださった。

帰る道すがら、それはそれはほんとうにうれしかった。

 

おむすびクラブ 2016年1月号

ASA仙川 発行

 


Written by mariko