ダーウェント水彩色鉛筆のデモンストレーションをします@文房堂神田本店

9月16日(土)に、 文房堂神田本店さん1F にて、ダーウェント色鉛筆のデモンストレーションをいたします。   おもに今回は、 乾くと水に溶けにくくなる水彩色鉛筆インクテンス、 色紙に描くのもたのしいメタリック… Read more »

ダーウェント水彩色鉛筆”メタリックペンシル”のデモンストレーション

2017年8月27日(日)に、銀座・伊東屋K.Itoya4階にて、ダーウェント社の水彩色鉛筆「メタリックペンシル」「インクテンス (inktense) 」のデモンストレーションをいたしました。 「メタリックペンシル」は、… Read more »

直観の練習

  正確な統計がないので感覚的なものになるが、「なんだか首のところが詰まっているな」と思ったら、Tシャツの前と後ろを逆にして着ている、ということが結構ひんぱんにある。 着てから1分くらいで気がつくこともあれば、… Read more »

【3treebooks】きのこ狩りのワニバッグができました

時おり吹く風に、秋がひとすくい紛れ込んでいるような気配がします。八月もあとすこしとなりました。 3 tree booksの新作に、『わにが言うには』のわにのバッグができましたのでお知らせします。   わにが言う… Read more »

【お知らせ】ダーウェントメタリックペンシルのデモンストレーション@銀座K.Itoya

8月27日(日)、ダーウェント社の水彩色鉛筆「メタリックペンシル」 のデモンストレーションをさせていただきます。 場所は、銀座・伊東屋 K.Itoya 4階(画材の専門フロア)です。   ダーウェント社は183… Read more »

今日もどこかでアーカイヴくん 44

  アーカイヴくんには毎号タイトルはついていませんが、今回はれっきとしてついておりますが、それなのにどこにも書いてありません。 こっそりここに書きます。44話のタイトルは『アイデア』といいます。 1コマ目から4… Read more »

おそらく原因はほこり

あたらしい掃除機が欲しくなって1年は経過した。後方不注意のわたしのために、しょっちゅうひっくり返ったりドアに道を阻まれたりコードでじぶんをがんじがらめにしたりしてきたこがねむし似の掃除機くんとの付き合いはもう13年目とな… Read more »

近くて遠い隣の部屋

洗濯機から急に不思議な音がするようになった。 確かめると、やわらかい布のバリエーション(綿、麻、ポリエステル等)しか入っていないのに、いざ回りはじめれば、これはどう考えてもやわらかいものの音ではないな、という、硬い何かの… Read more »

今日もどこかでアーカイヴくん 43

  手紙をポストに投函する瞬間とか、あたらしい手帳の一ページ目になにか書き込む瞬間とか、不可逆性を前にすると音のない緊張が漂います。そういうときはだいたい、心のなかかあるいは口に出して「えい!」と言って、手紙か… Read more »

【お知らせ】ダーウェント色鉛筆のデモンストレーションをします@LOFT池袋店

(描き心地のやわらかな色鉛筆、その名も”カラーソフト”で描きました)   7月17日(祝・海の日)に、LOFT池袋店にてダーウェント色鉛筆のデモンストレーションをさせていただきます。 &… Read more »

New Articles
  • こんにちは、だれかさん(1)ポットくん

      なまえ:ポットくん すきなもの:ポット、あたたかい飲み物、水の流れる音を聴くこと、モランディの絵、(長さをはかるための)メジャーなるものの存在 ほしいもの:ポットについて語り合える友 生計を立てている方法:… Read more »

  • 百年で出会った二冊の本のこと

    この絵は、吉祥寺にある古本屋さん「百年」の入り口です。階段を上がって2階にあり、この絵を描いているときに、入り口が二重扉になっていることに気がついて、あたらめて己の瞳の「何もろくに見ていなさ」加減に驚きました。わたしは注… Read more »

  • パレットガール今昔

      小さいころから色とりどりのものが大好き。 おかっぱ頭につけているカチューシャは、お気に入りだった黒地に白の水玉模様のもの。    

  • あるひ、あるひのお店のなか

    あるひ、お昼ごはんを食べたお店。 あるひ、お昼ごはんを食べたお店で隣に座っていた女の子。 旅行のパンフレットがたくさん。 あるひのスターバックス。ドーナッツを選ぶ女の子たち。 「トリノ・エジプト展」(2009年)を見たあ… Read more »

  • <今日の瓶たちvol.6>しましま飴観察用瓶

      この瓶は、高松で買った小瓶のいもうとのほうです。お姉さんのほうには、ぼたんやりぼんを入れていますが、はてさてこの小さな妹には何を入れようか。 フィンランドの飴がひとつだけ残っていたので、入れてみたらちょうど… Read more »

  • 3 tree books : さかな便箋

    さかなの形の風船を持つ人々を描いた線画を配した便箋です。 物語の気配ただよう、どこかなつかしく素朴な世界。 絵本のような、眺めてうれしい世界を便箋のうえに表現しました。 便箋の色は茶色と白。絵柄は2色の掛け合わせです。 … Read more »

  • 今日もどこかで アーカイヴくん 26

      おむすびクラブ 2016年2月号 ASA仙川 発行

  • そのときビスケットには穴があいていた

    友人の2歳の息子は、平たい皿に盛られたビスケットを前にじっと顔を近づけて、 「穴があいてるね!」 と言った。実際、その“ミレ―ビスケット”には10の、やや太めの針で刺したような小さな穴があいていた。 それからビスケットを… Read more »

  • <今日の瓶たちvol.5>Romi-Unie Confitureのジャム瓶

    Romi-Unie Confitureのジャムの瓶。高さは6cmくらい。味は、いちじくとオレンジで「エゼ」という名前がついています。 ジャムにもちゃんと名前がついている。 わたしにも名前がついている。 この世はすてきなと… Read more »