【3 tree books】木の香ヶ森の雑貨屋さん展

『木の香ヶ森の雑貨屋さん展』(GINZA HAKKO 木の香) 2017年12月12日(火)~12月17日(日) 11:00~12:00(会期中無休)   GINZA HAKKO 木の香がセレクトした日本で活躍… Read more »

浮いてる浮いてない

  桜島が、陸とつながっていることを知ったのはついこの頃のことである。 陸といっても、そのつながっているところの九州も島だし、日本も島のあつまりだし、・・・ユーラシア大陸は、どうなのか。たいそう大きめの島なのか… Read more »

【3 tree books】あたらしいスタンプのご紹介

3 tree books にあたらしいスタンプが3つ加わりました。 今回はどれも文字が入っていますよ。   【Do not Bend or Fold】 曲げたり折ったりしないでくださいね、スタンプです。 長い長… Read more »

拝啓、キッチンタイマーさま

拝啓、キッチンタイマーさま   この秋の二つ目の台風が去ってゆき、青空にはいろんな雲たちが登場しています。 ぽんぽん言いながら生まれたようなポップコーン風の群れ、ずっと向こうから来てずっとはるか向こうまで伸びて… Read more »

果物の皮

  みかんをぱくぱく食べながら、果物がわたしたちに会う前から備えているところの皮って、なんてすごいのだろうと思う。 じぶんでじぶんの中身を守っているのだろうけど、それはわたしたちにとっても好都合で、ハンカチやノ… Read more »

今日もどこかでアーカイヴくん 46

  台風接近中の日、なかなかの雨のなか、眼科に行きました。二年に一度行くかどうかくらいの頻度ですが、行ったときは必ず待合室の椅子がほとんど埋まっているその眼科は、さかんに雨の降る日曜日だったせいか感動的に空いて… Read more »

【お知らせ】QVC/イギリスの老舗色鉛筆[ダーウェント]の世界

  10月14日(土)QVC JAPANにて生放送されます、 『イギリスの老舗色鉛筆[ダーウェント]の世界』(20:00~21:00)にデモンストレーションで出演します。   水彩色鉛筆インクテンスや… Read more »

今日もどこかでアーカイヴくん 45

  小学生のころ、運動会や水泳、遠足、修学旅行のようなイベントの写真が教室の後ろや廊下に貼り出されて、それぞれ番号が振ってあって、欲しい写真の番号を紙に書いて注文するというならわしがありました。 そしてわたしの… Read more »

ダーウェント水彩色鉛筆のデモンストレーションをします@文房堂神田本店

9月16日(土)に、 文房堂神田本店さん1F にて、ダーウェント色鉛筆のデモンストレーションをいたします。   おもに今回は、 乾くと水に溶けにくくなる水彩色鉛筆インクテンス、 色紙に描くのもたのしいメタリック… Read more »

ダーウェント水彩色鉛筆”メタリックペンシル”のデモンストレーション

2017年8月27日(日)に、銀座・伊東屋K.Itoya4階にて、ダーウェント社の水彩色鉛筆「メタリックペンシル」「インクテンス (inktense) 」のデモンストレーションをいたしました。 「メタリックペンシル」は、… Read more »

New Articles
  • 百年で出会った二冊の本のこと

    この絵は、吉祥寺にある古本屋さん「百年」の入り口です。階段を上がって2階にあり、この絵を描いているときに、入り口が二重扉になっていることに気がついて、あたらめて己の瞳の「何もろくに見ていなさ」加減に驚きました。わたしは注… Read more »

  • パレットガール今昔

      小さいころから色とりどりのものが大好き。 おかっぱ頭につけているカチューシャは、お気に入りだった黒地に白の水玉模様のもの。    

  • あるひ、あるひのお店のなか

    あるひ、お昼ごはんを食べたお店。 あるひ、お昼ごはんを食べたお店で隣に座っていた女の子。 旅行のパンフレットがたくさん。 あるひのスターバックス。ドーナッツを選ぶ女の子たち。 「トリノ・エジプト展」(2009年)を見たあ… Read more »

  • <今日の瓶たちvol.6>しましま飴観察用瓶

      この瓶は、高松で買った小瓶のいもうとのほうです。お姉さんのほうには、ぼたんやりぼんを入れていますが、はてさてこの小さな妹には何を入れようか。 フィンランドの飴がひとつだけ残っていたので、入れてみたらちょうど… Read more »

  • 3 tree books : さかな便箋

    さかなの形の風船を持つ人々を描いた線画を配した便箋です。 物語の気配ただよう、どこかなつかしく素朴な世界。 絵本のような、眺めてうれしい世界を便箋のうえに表現しました。 便箋の色は茶色と白。絵柄は2色の掛け合わせです。 … Read more »

  • 今日もどこかで アーカイヴくん 26

      おむすびクラブ 2016年2月号 ASA仙川 発行

  • そのときビスケットには穴があいていた

    友人の2歳の息子は、平たい皿に盛られたビスケットを前にじっと顔を近づけて、 「穴があいてるね!」 と言った。実際、その“ミレ―ビスケット”には10の、やや太めの針で刺したような小さな穴があいていた。 それからビスケットを… Read more »

  • <今日の瓶たちvol.5>Romi-Unie Confitureのジャム瓶

    Romi-Unie Confitureのジャムの瓶。高さは6cmくらい。味は、いちじくとオレンジで「エゼ」という名前がついています。 ジャムにもちゃんと名前がついている。 わたしにも名前がついている。 この世はすてきなと… Read more »

  • 【イタリアのノート】大きなものと小さなものと

    さすが屋根がないだけのことはあり、コロッセオのなかも外と同じくよい天気であった。 雨や風や空気と2000年の間触れ合ってまるみを帯びたコンクリートの風合いは、小さかったころにとてもなじみのあった低い塀の表面によく似ていた… Read more »