ダーウェント水彩色鉛筆のデモンストレーションをします@文房堂神田本店

9月16日(土)に、 文房堂神田本店さん1F にて、ダーウェント色鉛筆のデモンストレーションをいたします。   おもに今回は、 乾くと水に溶けにくくなる水彩色鉛筆インクテンス、 色紙に描くのもたのしいメタリック… Read more »

ダーウェント水彩色鉛筆”メタリックペンシル”のデモンストレーション

2017年8月27日(日)に、銀座・伊東屋K.Itoya4階にて、ダーウェント社の水彩色鉛筆「メタリックペンシル」「インクテンス (inktense) 」のデモンストレーションをいたしました。 「メタリックペンシル」は、… Read more »

直観の練習

  正確な統計がないので感覚的なものになるが、「なんだか首のところが詰まっているな」と思ったら、Tシャツの前と後ろを逆にして着ている、ということが結構ひんぱんにある。 着てから1分くらいで気がつくこともあれば、… Read more »

【3treebooks】きのこ狩りのワニバッグができました

時おり吹く風に、秋がひとすくい紛れ込んでいるような気配がします。八月もあとすこしとなりました。 3 tree booksの新作に、『わにが言うには』のわにのバッグができましたのでお知らせします。   わにが言う… Read more »

【お知らせ】ダーウェントメタリックペンシルのデモンストレーション@銀座K.Itoya

8月27日(日)、ダーウェント社の水彩色鉛筆「メタリックペンシル」 のデモンストレーションをさせていただきます。 場所は、銀座・伊東屋 K.Itoya 4階(画材の専門フロア)です。   ダーウェント社は183… Read more »

今日もどこかでアーカイヴくん 44

  アーカイヴくんには毎号タイトルはついていませんが、今回はれっきとしてついておりますが、それなのにどこにも書いてありません。 こっそりここに書きます。44話のタイトルは『アイデア』といいます。 1コマ目から4… Read more »

おそらく原因はほこり

あたらしい掃除機が欲しくなって1年は経過した。後方不注意のわたしのために、しょっちゅうひっくり返ったりドアに道を阻まれたりコードでじぶんをがんじがらめにしたりしてきたこがねむし似の掃除機くんとの付き合いはもう13年目とな… Read more »

近くて遠い隣の部屋

洗濯機から急に不思議な音がするようになった。 確かめると、やわらかい布のバリエーション(綿、麻、ポリエステル等)しか入っていないのに、いざ回りはじめれば、これはどう考えてもやわらかいものの音ではないな、という、硬い何かの… Read more »

今日もどこかでアーカイヴくん 43

  手紙をポストに投函する瞬間とか、あたらしい手帳の一ページ目になにか書き込む瞬間とか、不可逆性を前にすると音のない緊張が漂います。そういうときはだいたい、心のなかかあるいは口に出して「えい!」と言って、手紙か… Read more »

【お知らせ】ダーウェント色鉛筆のデモンストレーションをします@LOFT池袋店

(描き心地のやわらかな色鉛筆、その名も”カラーソフト”で描きました)   7月17日(祝・海の日)に、LOFT池袋店にてダーウェント色鉛筆のデモンストレーションをさせていただきます。 &… Read more »

New Articles
  • <今日の瓶たちvol.2>旅先で出会った瓶

    先日高松に行ってきました。わたしにしてはめずらしく明確な目的があり、香川県立ミュージアムで『近藤善文展』を観るためです。 なんの予定もなければさしてそわそわしないものを、ひとつ明確な目的がポン!とあるだけで、なんだかほか… Read more »

  • <今日の瓶たちvol.1>WECKの瓶と飴たち

    かつて、出来たばかりの東京ミッドタウンを興味本位でぶらぶらしていたとき、DEAN&DELUCAに黒い蓋の瓶入りで並んでいたのを見つけたのが、papabubbleの飴との出会いでした。ただこのときのわたしは、思い起… Read more »

  • 【イタリアのノート】列車に乗って、珈琲飲んで

    高速列車に乗ってローマからフィレンツェに向かった。 なお、向かった、と書いているが、おおむねただ座っていただけである。指定の席は、進行方向に背中を向ける席であった。列車が走りはじめて5分くらいは、「進行方向に背中を向ける… Read more »

  • 【イタリアのノート】リボンとラッピング その1

    すごーく高価なものを買ったわけではないのですが、大小いろいろと買い物はした。その際興味深かったのがラッピングである。 ・Firenzeと元気よく書かれた白い袋は、おそらくポストカードを買った川沿いのお店のものかと思われる… Read more »

  • 【イタリアのノート】刺繍屋さん:TAF

    フィレンツェ滞在2日目も朝からウフッツィ美術館に行った。 前日のツアーでヴァザーリの回廊を無事に通りぬけることはできたのだが、 ツアーのハイライトであるヴァザーリの回廊に至るまでに、オーディオガイドの受信機をつけたわたし… Read more »

  • 【イタリアのノート】紙やカードのお店と工房:ジャンニニ -Giulio Giannini e Figlio-

    ローマから電車に乗ってフィレンツェに着いたのは昼すぎで、サンタ・マリア・ノヴェッラ駅を出ると、なかなか冷たい雨が降っていた。狭い路地を迷い、駅からなかなか近い距離にあったホテルに最短の3倍くらいの時間がかかって到着する。… Read more »

  • 【イタリアのノート】バチカン美術館の昼食

    バチカン美術館に行くのが初めてだったのと、館内にいったいどのくらいの時間滞在することになるのか想像がつかなかったので、お腹がぺこぺこになって気もそぞろになるのを避けるため、昼食つきのチケットをあらかじめオンラインで予約し… Read more »

  • はじめまして、エリーザベトさん

    小学生のころから現在に至るまで、漠然と、王室というものに関心がある。 宇宙に関心があったり、虫に関心があったり、インテリアに関心があったりする人があるように、 わたしは王室というものに関心があるようである。ようである、と… Read more »

  • 今日もどこかで アーカイヴくん 25

      大みそか、あと6時間くらいで今年も終わってしまうという時刻、お花屋さんをのぞくとかわいらしいピンク色のチューリップが並んでいた。 一本買いますと言ったら、小さな声で「これで一本分ね」と言って二本を包んでくだ… Read more »