【EVENT】イセタンイラストメッセ2018 に出展します

mariko fukura / 3 tree books が出展するイベントのお知らせです。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 【イセタンイラストメッセ 2018】 画材にまつわるワークショップ・原… Read more »

今日もどこかでアーカイヴくん 49

  季節はすっかり梅雨だといいますのに、すっかり更新が滞っておりましたアーカイヴくん(49話)は、1月のお話です。かまくらに入っちゃってます。 靴下の片方がどこかへ行ってしまうというのは、古今東西比較的よくある… Read more »

【3 tree books】あたらしいスタンプ

3 tree booksのあたらしいスタンプをご紹介します。 △お知らせ   文字と組み合わせると、あっちやこっちにお知らせができます。 重要な局面では、最初にスタンプを捺してから文字を書き始めたほうが良いかも… Read more »

【work】杉山卓さんのオリジナルトートバッグ

アコーディオン奏者として活躍されている、杉山卓さんのオリジナルトートバッグができました。 色鉛筆画を大きくプリントしています。もちろんモデルは杉山さん本人です。 アコーディオンの音色に、幹に穴をあけるキツツキのリズム、風… Read more »

【お知らせ】QVC/イギリスの老舗色鉛筆[ダーウェント]の世界

  2月の放送に続き、QVC Japan で5月17日(木)放送の『イギリスの老舗色鉛筆[ダーウェント]の世界』(20:00~21:00)にデモンストレーションで出演します。   水彩色鉛筆インクテン… Read more »

【3 tree books】メッセージカードができました

新しいメッセージカードができました。 「pocket no mori」という名前です。   ポケットに手を入れたら出てきた森のかたち。 いつか見た森のかたち。咲いたり、色づいたり、地面に落ちたりしたかたち。 &… Read more »

【3 tree books】あたらしいスタンプ

病み上がりに雨のしとしと降る窓のむこうを眺めていたら、ベランダに薄桃色のちいさな花びらが数枚お越しでした。 そんなに遠いところから来たのではないでしょうけど、強い風はいろんなものを運びますね。   さて、今日は… Read more »

【お知らせ】QVC/イギリスの老舗色鉛筆[ダーウェント]の世界

昨年10月の放送に続き、QVC Japan で2月24日(土)放送の『イギリスの老舗色鉛筆[ダーウェント]の世界』(20:00~21:00)にデモンストレーションで出演します。 水彩色鉛筆インクテンスやウォーターブラシ、… Read more »

【event】ラッピング PARTY 2018 1.30-2.14 / 東急ハンズ池袋店

3 tree books の参加イベントのお知らせです。 【ラッピング PARTY】     プレゼントに彩りを添えるラッピングペーパーやメッセージカード、マスキングテープ、 ふせんやレターセットなど… Read more »

今日もどこかでアーカイヴくん 48

みなさんは、一日のあいだに何回くらい、「どうしても眠い」っていう時がありますか。 「どうしてもっていう程ではないけど、冴えているか眠たいかでいえば、眠い」、「起きて2時間しか経っておらず、そのうち5分は歯磨き、2分はゴミ… Read more »

New Articles
  • こんにちは、だれかさん(3)庭師

      庭師は、庭師になって(厳密には庭師をこころざしてから)はじめて気がついたことがあります。 というか、ほとんど気がついたことばかりです。 まずは、長靴を履いているときの安心した気分を知りました。 大雨のあとの… Read more »

  • こんにちは、だれかさん(2)魔女

    今日はほうきに乗らない日と決め、時刻表でバスの来る時間を調べています。 普段は時計をほとんど見ることがないのですが、幸運なことに近くの小学校の庭に背の高い丸い時計が立っていたので、それと照らし合わせれば、今の時間がわかり… Read more »

  • 歩く木々

      道を歩いているとときどき、木の枝に鍵がぶらさがっている。または、紐つきのぬいぐるみがぶらさがっていたり、枝の先端が紺色の手袋をひとつつけていたりする。 その通りで落し物を見つけた人が、それがこれから踏まれず… Read more »

  • こんにちは、だれかさん(1)ポットくん

      なまえ:ポットくん すきなもの:ポット、あたたかい飲み物、水の流れる音を聴くこと、モランディの絵、(長さをはかるための)メジャーなるものの存在 ほしいもの:ポットについて語り合える友 生計を立てている方法:… Read more »

  • 百年で出会った二冊の本のこと

    この絵は、吉祥寺にある古本屋さん「百年」の入り口です。階段を上がって2階にあり、この絵を描いているときに、入り口が二重扉になっていることに気がついて、あたらめて己の瞳の「何もろくに見ていなさ」加減に驚きました。わたしは注… Read more »

  • パレットガール今昔

      小さいころから色とりどりのものが大好き。 おかっぱ頭につけているカチューシャは、お気に入りだった黒地に白の水玉模様のもの。    

  • あるひ、あるひのお店のなか

    あるひ、お昼ごはんを食べたお店。 あるひ、お昼ごはんを食べたお店で隣に座っていた女の子。 旅行のパンフレットがたくさん。 あるひのスターバックス。ドーナッツを選ぶ女の子たち。 「トリノ・エジプト展」(2009年)を見たあ… Read more »

  • <今日の瓶たちvol.6>しましま飴観察用瓶

      この瓶は、高松で買った小瓶のいもうとのほうです。お姉さんのほうには、ぼたんやりぼんを入れていますが、はてさてこの小さな妹には何を入れようか。 フィンランドの飴がひとつだけ残っていたので、入れてみたらちょうど… Read more »

  • 3 tree books : さかな便箋

    さかなの形の風船を持つ人々を描いた線画を配した便箋です。 物語の気配ただよう、どこかなつかしく素朴な世界。 絵本のような、眺めてうれしい世界を便箋のうえに表現しました。 便箋の色は茶色と白。絵柄は2色の掛け合わせです。 … Read more »