【EVENT】イセタンイラストメッセ2018 に出展します

mariko fukura / 3 tree books が出展するイベントのお知らせです。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 【イセタンイラストメッセ 2018】 画材にまつわるワークショップ・原… Read more »

今日もどこかでアーカイヴくん 49

  季節はすっかり梅雨だといいますのに、すっかり更新が滞っておりましたアーカイヴくん(49話)は、1月のお話です。かまくらに入っちゃってます。 靴下の片方がどこかへ行ってしまうというのは、古今東西比較的よくある… Read more »

【3 tree books】あたらしいスタンプ

3 tree booksのあたらしいスタンプをご紹介します。 △お知らせ   文字と組み合わせると、あっちやこっちにお知らせができます。 重要な局面では、最初にスタンプを捺してから文字を書き始めたほうが良いかも… Read more »

【work】杉山卓さんのオリジナルトートバッグ

アコーディオン奏者として活躍されている、杉山卓さんのオリジナルトートバッグができました。 色鉛筆画を大きくプリントしています。もちろんモデルは杉山さん本人です。 アコーディオンの音色に、幹に穴をあけるキツツキのリズム、風… Read more »

【お知らせ】QVC/イギリスの老舗色鉛筆[ダーウェント]の世界

  2月の放送に続き、QVC Japan で5月17日(木)放送の『イギリスの老舗色鉛筆[ダーウェント]の世界』(20:00~21:00)にデモンストレーションで出演します。   水彩色鉛筆インクテン… Read more »

【3 tree books】メッセージカードができました

新しいメッセージカードができました。 「pocket no mori」という名前です。   ポケットに手を入れたら出てきた森のかたち。 いつか見た森のかたち。咲いたり、色づいたり、地面に落ちたりしたかたち。 &… Read more »

【3 tree books】あたらしいスタンプ

病み上がりに雨のしとしと降る窓のむこうを眺めていたら、ベランダに薄桃色のちいさな花びらが数枚お越しでした。 そんなに遠いところから来たのではないでしょうけど、強い風はいろんなものを運びますね。   さて、今日は… Read more »

【お知らせ】QVC/イギリスの老舗色鉛筆[ダーウェント]の世界

昨年10月の放送に続き、QVC Japan で2月24日(土)放送の『イギリスの老舗色鉛筆[ダーウェント]の世界』(20:00~21:00)にデモンストレーションで出演します。 水彩色鉛筆インクテンスやウォーターブラシ、… Read more »

【event】ラッピング PARTY 2018 1.30-2.14 / 東急ハンズ池袋店

3 tree books の参加イベントのお知らせです。 【ラッピング PARTY】     プレゼントに彩りを添えるラッピングペーパーやメッセージカード、マスキングテープ、 ふせんやレターセットなど… Read more »

今日もどこかでアーカイヴくん 48

みなさんは、一日のあいだに何回くらい、「どうしても眠い」っていう時がありますか。 「どうしてもっていう程ではないけど、冴えているか眠たいかでいえば、眠い」、「起きて2時間しか経っておらず、そのうち5分は歯磨き、2分はゴミ… Read more »

New Articles
  • 3 tree books : ふくろうのトートバッグ

    切り絵のふくろうのトートバッグです。 色とりどりの羽は、水彩を塗った紙を一枚ずつ切り抜いて貼っています。 サイズは今のところ、miniサイズとMサイズの二種類。 miniサイズは、お子さんにも持って頂きやすいサイズです。… Read more »

  • ウェルカムボードのイラストレーション

      結婚式のウェルカムボード(A3サイズ)をご依頼頂きました。 お二人の記念日を、鳥たちやりすや花々が祝福しています。 ブーケのお花は、白いバラとブルースターで、当日持たれたものです。 テニスのラケットは、実際… Read more »

  • 【イタリアのノート】ヴェネツィアの雨と海の色

    ヴェネツィアに着いて2日目、歩いてサン・マルコ広場へ行く。 サン・マルコ広場はだだっ広く、人がつくったとは到底思えない同じ形の窓や柱が無限に繰り返されるようにくっついた建物群にぐるり囲まれ、鳩がたくさんおり、そして何にも… Read more »

  • <今日の瓶たちvol.2>旅先で出会った瓶

    先日高松に行ってきました。わたしにしてはめずらしく明確な目的があり、香川県立ミュージアムで『近藤善文展』を観るためです。 なんの予定もなければさしてそわそわしないものを、ひとつ明確な目的がポン!とあるだけで、なんだかほか… Read more »

  • <今日の瓶たちvol.1>WECKの瓶と飴たち

    かつて、出来たばかりの東京ミッドタウンを興味本位でぶらぶらしていたとき、DEAN&DELUCAに黒い蓋の瓶入りで並んでいたのを見つけたのが、papabubbleの飴との出会いでした。ただこのときのわたしは、思い起… Read more »

  • 【イタリアのノート】列車に乗って、珈琲飲んで

    高速列車に乗ってローマからフィレンツェに向かった。 なお、向かった、と書いているが、おおむねただ座っていただけである。指定の席は、進行方向に背中を向ける席であった。列車が走りはじめて5分くらいは、「進行方向に背中を向ける… Read more »

  • 【イタリアのノート】リボンとラッピング その1

    すごーく高価なものを買ったわけではないのですが、大小いろいろと買い物はした。その際興味深かったのがラッピングである。 ・Firenzeと元気よく書かれた白い袋は、おそらくポストカードを買った川沿いのお店のものかと思われる… Read more »

  • 【イタリアのノート】刺繍屋さん:TAF

    フィレンツェ滞在2日目も朝からウフッツィ美術館に行った。 前日のツアーでヴァザーリの回廊を無事に通りぬけることはできたのだが、 ツアーのハイライトであるヴァザーリの回廊に至るまでに、オーディオガイドの受信機をつけたわたし… Read more »

  • 【イタリアのノート】紙やカードのお店と工房:ジャンニニ -Giulio Giannini e Figlio-

    ローマから電車に乗ってフィレンツェに着いたのは昼すぎで、サンタ・マリア・ノヴェッラ駅を出ると、なかなか冷たい雨が降っていた。狭い路地を迷い、駅からなかなか近い距離にあったホテルに最短の3倍くらいの時間がかかって到着する。… Read more »